中国切手の毛沢東は高額買取りの対象に!

毛沢東切手は高額買取が期待できます

皆さん、毛沢東ってわかります?若い世代の方であれば「聞いたことある」「世界史で出てきた」「中国の人やんね?政治家?」なんて程度かもしれませんが、中国ではいわゆる「すごい人」といった感じです。過激な人だったので賛否両論あると思うんですが、名誉棄損にあたるようなことは絶対してはいけないような対象となっている人ですね。

さて、そんなすごい人の切手が、中国切手の中には結構あります。

たとえば、「毛主席<詩詞> 文7」シリーズは、全部で14種あります。毛沢東の肖像が1枚と、文章が13枚のセットで、枠が赤い切手シリーズです。

良く似たタイプの毛沢東切手に、「毛主席の長寿を祝う 文1」という全部で11種のものもあります。これは語録の切手は枠が金色のものと赤いものがあり、文字の台紙は全部赤、1枚だけ毛沢東の肖像でこちらは枠が赤色です。

もっと毛沢東の肖像画が多い切手シリーズもあります。「文2 毛主席像」という1967年に発行されたものは、そのほとんどが文字ではなく毛沢東の肖像画が入っています。他の毛沢東肖像画シリーズと比べて人気なのは、カラフルだからなんでしょうか?

総じて、文化大革命時代の切手というのはそもそも残存数が少なくて希少価値が高くなっているのですが、毛沢東切手というのは文化大革命時代のものなので、「毛沢東切手≒希少価値が高い=高額買取してもらえるかも」と思って良さそうです。