中国切手の赤猿を買取致します

「赤猿」は高額買取中国切手

中国切手にご興味のある方ならきっとご存知の切手のひとつに「赤猿」があります。赤い猿なのではなく、赤い背景に子ザルがちょこんと座っている絵柄の切手です。子ザルの絵なので、そのまま「子ザル」と呼ばれることもあります。発行年は1980年。30数年前に発行されたというと、切手の中では比較的新しく感じますが、この「赤猿」は発行当初から人気が高く、高額取引されていたようです。

この「赤猿」がなぜ人気なのかについても調べてみました。「赤猿」は、中国で初めての年賀切手なんだそうです。年賀切手となればもともとの発行枚数も限られていたでしょうし、発行年の1980年の干支にちなんだ猿の絵の切手、干支発祥の中国で人気があるのもうなずけます。

さて、気になる「赤猿」の買取価格についても触れておきましょう。「赤猿」は、シートであれば同じ切手が80枚のセットなのですが、これが800万円~1,000万円で買取されることがあるそうです。また、この「赤猿」、もともとは猿の顔が金色をしていたそうで、お手元の「赤猿」の猿の顔色が金色なら保管状態も良かったという証拠になり「極上品」として評価され、買取価格がぐんと上がるかもしれませんよ。