中国切手の高額買取を実現する

今からできる、中国切手高額買取準備

手元に中国切手がある方、売るなら1円でも高く売りたいとは思いませんか?「そんなに必死にならなくても高く売れるはず」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでご紹介する準備をするかしないかで、1円・2円の差でなく、もっと大きな買取価格差が生まれる場合がありますよ。どういう中国切手なら高額買取してもらえるのか、今からでもできることはあるのかについて調べました。

まず査定員が見るのは、美品かどうかと、保存状態ですね。言うまでもありませんが、引き出しの奥からたまたま見つかった、折れ曲がったよれよれ切手より、切手ファイルにきちんと保管されて年月を経てきた未使用切手の方が良いに決まっています。今売りたいと思っている中国切手の過去は変えられませんが、シワをのばしてみるとかくらいはしてみても良いかもしれませんね。切手を今も集めているという方は、いつか売るかもしれない可能性を考慮に入れて、きちんと保管してみてください。

それから、中国切手以外にも売りたい切手があるのであれば、仕分けをしたり台紙貼りをしたりしましょう。バラ切手というのはよほどのプレミア切手でない限り、価値が低くなりやすいです。売るにしても使うにしてもバラだと不便ですからね。切手の種類ごとに仕訳をしておいたり切手買取業者が指定する通りに台紙に貼ったりしておくと、切手買取業者の手間が省けますから、その分買取価格が上がりますよ。