切手の現金化は郵便局で可能なのか?|中国切手買取.jp

中国切手の現金化と郵便局

私が中国切手やその他の記念切手などコレクションを現金化して生活資金の足しにしたいと思ったとき、いろいろなことを考えました。切手買取業者に売っても額面より安い値段でしか買取してもらえないのなら、額面通りの値段で取引してくれないだろうか、書き損じハガキとかは郵便局に持って行けば良いと聞いたことがあるし、額面通りの現金化をしてもらえるのではないだろうか、と思いついたのです。そこで、郵便局での切手交換について調べてみました。

郵便局で切手を現金化することが可能かどうか?これについては、結論からいうと不可能でした。郵便局に切手を持って行ってどうにかなるのは、記念切手を現行の普通切手に交換してもらえるということだけでした。また、書き損じはがきを未使用はがきや未使用切手に交換してもらうときも同じなのですが、交換には1枚ずつに対して手数料がかかります。結局のところ、額面以下になってしまうということですね。

しかも、外国切手は対象外のようですし、日本の記念切手を現行の切手に交換してもらったところで、到底使いきることなどできません。現金化したいならやはり切手買取専門業者に依頼しないとダメということのようです。