中国切手の買取相場の変遷

中国切手の評価、今・昔・これから

中国切手というのは、最近とても相場が上がっているようですね。私などは「価値があるから欲しい」というよりは、各地の様々なデザインのもの、その土地らしい雰囲気のものを取りそろえたいと思っていただけですので、中国の切手を中国人留学生からお土産として気軽にもらったりしていたのですが、現在の高額取引具合を見ているとちょっとびっくりしてしまいます。中国切手はいつからこのように人気があり、相場が高いのでしょうか?少し調べてみました。

まず、中国切手の中でも今評価が高いのは、現在の中国、すなわち中華人民共和国になってからの、いわゆる「新中国切手」と呼ばれる切手です。切手の一覧や評価額を知りたい方は、新中国切手カタログなどをチェックすると最新情報を知ることができます。

中国切手の買取相場が最近上がっているのは、かつて日本で切手ブームが起きたときと同じように、現在の中国はバブル経済で、中国富裕層が趣味としても投機目的でもプレミア切手を買い集めているからです。特に、中国では文化大革命時代には「切手コレクション=西洋文化=廃止すべき」という考えで切手の収集が禁止されていたので、当時の切手の残存数が少なく、日本にまで高額買取しにくるような業者やコレクターもいるようですよ。