中国切手を換金する買取方法は3つ

中国切手買取はどの売り方がおすすめ?

中国切手やその他の切手を切手買取業者に売って換金する際に、おさえておくべきポイントのひとつは、どうやって売るかということです。どのような売り方があるのかについてと、それぞれの売り方のメリット・デメリットについて、私が調べたことをまとめてみたいと思います。

切手買取業者に切手を売る方法は、店頭買取・宅配買取・出張買取という3つの方法があります。切手買取業者ごとに利用できる方法は違っていて、3つの中から好きなものを選べる業者や、宅配買取や店頭買取しかしていない業者、出張買取は受け付けているけれどエリアや買取額に制限がある業者などさまざまです。

店頭買取とは、切手買取業者の店舗に、売りたい人が自分で切手を持って行く方法です。メリットとしては、対面で査定してもらえる点や、買取が成立したらその場で現金化してもらえる点などが挙げられます。デメリットとしては、自分で持って行かないといけないのが面倒な点や交通費などがかかる点、混んでいれば店頭で待たされることがある点などがあります。

宅配買取とは、宅急便や郵便で売りたい切手を切手買取業者に送って、査定してもらった結果を連絡してもらい、値段に納得がいけばその金額を振り込みしてもらう方法です。切手買取に時間をかけられないという方でも自分の空いたタイミングで発送できるというメリットがありますが、現金化まで時間がかかるというデメリットがあります。対面査定でないので、ちゃんと査定してくれているのか不安だということもありますね。

私が最もおすすめする買取方法は出張買取です。私も出張買取を利用しましたが、自宅で待っているだけで特に準備もいらないので楽です。査定はしてもらったけれど買取はやめたという場合でも、交通費などもかかっていませんのでこちらの出費はゼロです。あなたのおすまいを買取対象地域としている切手買取業者を見つけて、出張買取に来てもらうと良いですよ。